トップページ ≫ ペット保険の給付タイプの種類

ペット保険の給付タイプの種類

ペット保険の補償には、大きく分けて3種類があります。1つは定率で補償されるもの、もう1つは定額で補償されるもの、最後の1つは全額補償されるものです。

 

それらの違いから区別されるほか、補償金の支払われる方法によってもペット保険の種類は違ってきます。例えば、病院での窓口での精算時に治療費の割引が受けられるタイプもあります。

 

治療後に請求手続きを行うことで、給付金を受け取れるタイプもあります。病院で精算するときに割り引くタイプは、治療を受けて会計をするときにペット保険に加入していることがわかる会員証などを提示することになります。

 

これは、保険会社と動物病院が定型している場合に利用できるシステムです。いつも利用している病院が提携していれば、便利なので検討してみるとよいでしょう。メリットは、ペットの様子が気になったら、手持ちがない場合でも気軽に病院に行けるということです。

 

後日、保険の給付金が受け取れるタイプは、支給までに多少時間がかかります。手順としては、獣医師に診断書を書いてもらった上で申請書に記入し、保険会社まで郵送することになります。保険会社で申請書を元に審査を行い、後日指定口座に給付金が振り込まれるというわけです。

 

面倒な手続きのように感じられますが、実はこのタイプがほぼ全国の動物病院で対応しているものです。外出先でペットの具合が悪くなったときなどでも、病院を選ばずに治療を受けさせられるのがメリットです。どんなタイミングで補償が受けられるかを確認しておくと、より使い勝手のよいペット保険の利用ができるでしょう。

Copyright (C) 2016 腕の脱毛なら!医療レーザー脱毛ランキング All Rights Reserved.