トップページ ≫ 猫の慢性腎不全の治療法

猫の慢性腎不全の治療法

病院に連れて行った結果、猫が慢性腎不全と判明されたら、その猫の腎臓の状態に適した治療法で治療をしていくことになります。獣医に治療をしてもらうこともしていかなくてはならないのですが、入院というわけではなく在宅治療をしていくことになります。

 

腎臓に障害が出たら、正常に戻すことはできないとされているのですが、それでも治療をしていくことは必要不可欠です。ちゃんと治療をしていけば、長生きさせることもできるのです。

 

症状がかなり深刻になっていると入院をしなくてはならないこともあるのですが、症状が安定をすれば自宅で治療をしていくことになります。自宅で治療をしていくとき、猫は自分で判断をしたりすることはできないのですから、飼い主が猫のことをしっかりと観察しなくてはなりません。

 

では、万税腎不全になってしまったことが分かった後で、飼い主はどのようなことを気に留めるようにするべきなのでしょうか?

 

  • 医師に指示された通りの治療をしていくこと。
  • 猫がリラックスできるような看護をしていくこと
  • リンとたんぱく質の摂取量を減らし、食事療法を徹底すること
  • リンとカルシウムの恒常性を保つこと
  • きれいな水を与えるようにして、脱水症状を引き起こさない事

 

などを注意するようにしてください。慢性腎不全の場合、1週間に1回のペースで病院で治療をしてもらうことになります。病院では腹部を超音波で調べたり、血圧やたんぱく質の検査をしていくこともあります。初診時に色々な検査を行うことになるのですが、定期的に病状を調べるために検査をしていくことになります。

Copyright (C) 2016 腕の脱毛なら!医療レーザー脱毛ランキング All Rights Reserved.