トップページ ≫ 生理とともに肌荒れ?要因と対策

生理とともに肌荒れ?要因と対策

生理前にシミやニキビができ始めるのは、ホルモンバランスが関係しています。生理(月経)はプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌で起こります。生理前はプロゲステロンの量が多くなり、体や肌の不調となって現れます。

 

*プロゲステロン(黄体ホルモン)の働き
生理前に増加するエストロゲン(卵胞ホルモン)は、皮脂を多めに作ります。生理前の肌荒れは黄体ホルモンで皮脂が毛穴に詰まって起こります。

 

生理が始まり数日たつと、エストロゲン(卵胞ホルモン)が増加します。エストロゲン(卵胞ホルモン)は代謝を高めるので、生理後2週間は肌の状態が良くなるのです。生理後2週間はプロゲステロン(黄体ホルモン)が働き、肌荒れなど多くなるというクルーです。

 

*肌荒れにはタイミングも大事
生理前のニキビはホルモンの周期に合わせてお手入れをするのが、いいでしょう。具体的にはピーリングは生理前に行うと効果が高く、生理後にはエイジングケアや保湿の高い化粧品を使用し、生理前は肌荒れ化粧品という方法が効果的です。生理前の肌荒れで悩む方は、低温期と高温期はいつもと違う肌と捉えた方がいいでしょう。

 

*スキンケアとメイクの見直しも
肌トラブルでも同じ化粧品を使っていませんか。生理前、後では肌の状態も異なります。肌荒れしやすい生理前は敏感肌やニキビ用のスキンケア、脂の多いファンデーションは使わないなど臨機応変に対応することが大事です。

 

*食事面での留意点は?
生理の2週間前からは脂分を少なめにし、ビタミンを多く摂るようにしましょう。なお、生理中にダイエットは止めましょう。生理中は貧血になりやすいので、鉄分を多めにとりましょう。鉄分が足りなくても肌荒れが起こることもあります。

 

*たっぷりの睡眠をとろう
しっかり睡眠時間をとるのも重要です。可能なら午後10時から2時までの間のゴールデンタイムと、6時間以上の睡眠は確保したいものです。

 

参考>>>http://xn--pbk5doe4c3774czqd.tokyo/

Copyright (C) 2016 腕の脱毛なら!医療レーザー脱毛ランキング All Rights Reserved.